継続スキル これを知れば誰でも継続できるようになる Week4

Business

みなさん、継続することは得意でしょうか。私は、いつも三日坊主で終わってしまうような人間でした。しかし、この継続スキルを手に入れることで継続できるようになりました。まずこの継続スキルを身に着けてください。そうしなければ、どんなスキルも身に着けることはできません。

【こんな人に向けて書いています】

  • 三日坊主で終わってしまう人
  • これから、色々なスキルをつけていきたいひと
  • 生活を豊かにしていきたい人

【これを読むことでわかること】

  • 継続スキルとは何か
  • スケジューリングの仕方
  • 時間の使い方

結論

成長の過程にモチベーションは邪魔

「よくモチベーションがでないから続かない」という話をよく聞きます。モチベーションとは、成長の過程に邪魔なものです。モチベーションに頼ってはいけません。

モチベーションを捨ててください

みなさん、まずビジネス・スキルの取得においてモチベーションは捨ててください。一番邪魔な存在です。では、どのように継続していけばよいでしょうか。それは、仕組み化するということです。どういったことかというと、モチベーション関係なしに、自分が動ける仕組み(マニュアル)を作るということです。

良い例 コンビニ 

レジ打ち・品出しにモチベーションは関係ない。マニュアルがしっかりしているから、モチベーションが高かろうが低かろうが仕事をする。

悪い例 企業

上司が部下のモチベーションを高めても、次の日に嫌なことがあれば、すぐにモチベーションは下がります。

モチベーションは、株価のチャートグラフのように予測できません。なので、モチベーションは、捨ててください。

仕組み化の仕方

継続する、何かのスキルを身に着けるためには時間の確保が必要です。時間というのは、上手な使い方と下手な使い方があります。1日は誰にでも1秒も狂わずに平等です。私もビルゲイツも1秒も狂わずに時間は平等です。しかし、時間の使い方次第で、スキルの取得のボリュームが変わってしまいます。そこで重要なのが、スケジューリングです。みなさんは、スケジュールを予定表にしてしまってはいませんか。それではいけません。スケジュールというのは、行動表であり目標管理シートです。

悪い例 ○○とランチ、○○と打ち合わせ

良い例 8時~10時 カフェに行く(タスクごとに制限時間をしっかりと入れる、行動を入れる)

行動を入れるとは、○○に会うと入れるのではなく「人と会う時間」と入れます。誰に会うかは決めなくてもいいです。とにかく、その時間は「人に会う時間」と決め、その日までに誰と会うか決めればいいのです。またもう一つの例は、「カフェに行く時間」と入れます。時間を確保して、カフェで何をするかはその日までに決めればいいということです。とにかく、この時間はこの行動をする時間というように決めることが重要です。行動のスケジューリングが大切だということです。

出来なかった場合、そのスケジュールを消してください。空欄=できなかったことというふうにします。この空欄が少しでもなくなるように継続することが重要です

制限時間を設けることも重要です。スケジューリングで時間を確保した通りに動いてください。みなさんは、これからスケジューリングのなかに、色々なタスクを入れると思います。そのタスクが制限時間内にクリアできなかったら、終わってください。(例 20時~22時 アウトプットの時間としてスケジューリングする→タスクとして、ブログをすると決める→22時を超えてしまったら強制終了→次のスケジュールをやる)それは、自分の負けです。スケジューリングの徹底さが非常に重要です。

レベル分け

時間を確保すると言われても、様々な業務、やらなければいけないことがあると思います。みなさんは、やること1つ1つのレベル分けをしたことがありますか。次のワークを行うことによって、無駄な時間を減らし、時間を確保することが出来ます。簡単にすぐ終わるので、次のワークをしてみてください。まず、紙とペンを用意して、自分の1日にやっていることを順に書いてみてください。それから、次のグラフに基づいて自分のやっていることを分けてください。

  • 「緊急」かつ「重要」 相手がかかわる仕事、締め切りのあるタスク
  • 「緊急でない」が「重要」 スキルアップ 資料準備
  • 「緊急」だが「重要でない」 突然の訪問 多くの電話
  • 「緊急でない」かつ「重要でない」 テレビ 飲み会

次に、下記の図のようにしてください。

緊急かつ重要なものは、減らしてください。増やさなければいけないことは、緊急でなくて重要なものです。自分へのインプットの時間などです。緊急であって重要でないものは、放置してください。緊急でなく重要でもないものは、今すぐにやめてください。

時間を無駄にしない

時間には2種類あります。生産可能時間と非生産時間です。みなさんは、通勤などの隙間時間をうまく活用できているでしょうか。隙間時間をしっかりと活用し、非生産時間を徹底排除してください。通勤時間(非生産時間)に、メールの整理、勉強などに使えば、生産時間に変えることが出来ます。

作ったものを無駄にしないことも大切です。人に会ったのであれば、継続的に繋がることが重要です。必ずSNSで繋がりましょう(LINEでは、疎遠になります、SNSは勝手に投稿がみられるためSNSで繋がりましょう。)なぜなら、せっかく生産時間に会った人と無駄な人間関係になってしまってはもったいないです。

また、学んだことをしっかりとアウトプットしてください。なぜなら、インプットだけでは、人は次の日には74%を忘れてしまうと言われています。これでは、時間を無駄にしてしまいます。しっかりとアウトプットして記憶を定着させてください(ブログ、友達に話す)

まとめ

今回は、継続スキルについて解説しました。継続するためには、仕組み化をすることが重要です。その仕組み化をするためには、スケジューリングを徹底的に行うことです。そのために、うまく時間を使ってください。次回は、「マインドセット」について解説していきたいと思います。成功したいというときに、基本的なマインドセットがないと、ずれた方向に努力が向いてしまいます。是非、次回も読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました