【完全版】プレゼン資料の作り方 誰でも簡単に伝わる資料を作れる Week11

Week11Business

前回は、サービスの作り方について解説しました。まだ、読んでいない方はそちらから読むことをお勧めします。今回は、「企画設計スキル」について解説していきます。企画設計スキルとは、自分のアイディアをロジカルに考え、実際に形(資料)にしていくスキルになります。これを読めば、自分のアイディアを資料に落とし込めるようになります。

クライアント様向けの提案資料

資料は、大きく分けて3つあります。

  1. クライアント
  2. 社内
  3. 投資家

社内向けの提案資料は、社内の人に理解されれば良いので資料作成は簡易なものでも良いです。投資家向けの提案資料については、別の視点からの提案スキルが必要になるので次回にします。今回は、クライアント様に向けた提案資料の作り方について解説していきます。

これまで記事で解説してきた通り、提案は大きなプロセス野中の一連の行動でしかありません。事前調査から始まり、営業に対する姿勢、ヒアリングがしっかりできていなければ提案をする事ができません。そして、提案をしっかりとする事ができれば、製薬や契約に繋がります。

それでは、クライアント様向けの提案資料の作り方について解説していきます。

クライアント様向けの資料の構成順序は、

  • AGENDA(目次)
  • 結論
  • 課題の定義
  • 課題解決スケジュール
  • 課題ごとの解決策提案
  • 結論
  • コスト提案
  • お見積もり

です。

AGENDA

提案資料を作る場合は、アジェンダを最初に作ります。

アジェンダとは、目次のことです。アジェンダを最初に作り、クライアント様に全体像を理解してもらいます。そしてアジェンダは各ページやスライドの左端や左上のところに常に表記しておきましょう。アジェンダが常にあると、クライアント様は、今どこについて話しているのかを容易に理解することができます。

結論

次は、結論です。結論を最初にいうことで非常に分かりやすいプレゼンになります。そのため、結論を伝える資料を作りましょう。これは、「伝えるスキル」でも解説しました。そして、結論を伝えた後にクライアント様の課題を挙げていきます。

課題の定義

事前調査やヒアリングで見つかった課題をクライアント様に伝えるための資料を作ってください。この課題は、分かりやすく3つに絞るといいです。1つや2つだと少なく感じてしまいますし、逆に多すぎると理解が追いつきません。次は、これらの課題を解決するためのスケージュールです。

課題解決スケジュール

課題を解決するために、どのようにこれからしていけばいいのか、スケジュールを簡潔に伝える資料を作りましょう。自分の製品やサービスを契約すると1カ月後2カ月後3カ月後に何を得られるのかイメージさせましょう(課題ごとの解決策提案)。

そして、もう一度結論をいうための資料を作ってください。結論をもう一度いうことによって、クライアント様は非常に分かりやすく理解することができます。

コスト提案

そして次は、コスト提案です。提案した施策がどのようなコストがかかるのか他社と比べてどれくらい効率的なのかを伝える資料を作ります。他社と比べて安いのか、効率的なのかなど他社と比較している資料を作ると説得力が増します。単に安い高いの話ではなく、他社と自社のメリットやデメリットをクライアント様に理解してもらいます。

お見積もり

最後に、自社に任せていただけるとどのような費用がかかるのか見積もりを伝える資料を作ります。

まとめ

このようにクライアント様向けの資料は作ります。もう一度手順を簡潔に説明すると

  • AGENDA(目次)
  • 結論
  • 課題の定義
  • 課題解決スケジュール
  • 課題ごとの解決策提案
  • 結論
  • コスト提案
  • お見積もり

になります。1つずつ丁寧に分かりやすい資料を作りましょう。

次回は、「Google集客スキル」についてSEOを徹底的に解説していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました