ロジカルシンキング 論理的思考スキルを身につけなければ、意味がない Week9

Business

前回は、ブランディングスキルについて解説しました。まだ読んでいない方は、そちらから読むことをお勧めします。今回は、「論理的思考スキル」について解説していきたいと思います。ロジカルシンキングと呼ばれるものです。ビジネスをやる上で非常に重要なスキルになります。ロジカルに物事を話すことができなければ、100点の資料を持っていたとしても0点になってしまいます。どのように「論理的思考スキル」がつくのか解説していきます。

結論

「掛け算の法則で、スキルがあっても論理的思考スキルがなければ無意味」

100点の資料があったとしても、論理的思考スキルが0点であれば、掛け算の法則で0点になってしまいます。

今回の「論理的思考スキル」は非常に難しいですが、非常に重要な部分です。後で人に教える気持ちで読み進めていってください。そうすれば、集中力・理解力が上がります。

ロジカルシンキング

いきなりですが、ワークショップです。

以下の条件を踏まえ、ラーメン屋の売上と利益はどれくらいか考えてみてください。

  • 座席数:13席
  • 場所:浜松町駅付近
  • 従業員数:3
  • ラーメン価格:650円

どのように考えたでしょうか。この問題を正確に答えられる人は、いません。なぜなら売上は、誰にも分からないからです。しかし、考え方の正解・不正解を見ることができます。これが、俗にいうフェルミ推定です。

僕は、毎回レストランやカフェに行くたびに、その店の売上を考えています。これをすると、非常にロジカルに考える力が付きます。

今回の場合、ラーメン屋の売上なので、売上に関する要素を書き出します。まず、縦軸に注目して下さい。平日と週末で売上は大きく変わります。ランチと夜でも変わります。そして平日のランチと夜、週末のランチと夜というように4つに分けることができます。

そして実際に売上に関係する要素は、横軸の回転率・来店数・客単価です。そこから、一日の売上をだし、営業日を考えれば、月の売上をだすことができます。

次に、利益を考えるために、原価・コストから全体の経費を出します。売上-経費をすると、利益になります。

このように要素分解し、フレームワークを作ることができれば考え方は正解です。

問題に記載の数字以外に、回転率などの数字がわかれば、このフレームワークにそれを入れれば正解を導き出すことが出来ます。

答えの正解・不正解は重要ではありません。ロジカルシンキングができ、このフレームワークを作れるかどうかが重要です。

常に顧客視点を論理的に証明・追及せよ

こんな経験ないでしょうか。ショッピングに行ったときに、欲しい服を見つけたが、冷静に考えてみると、いらないと思うとき。人間は、一時的な感情でなぜかマインドがヒートアップして自分が思っている以上のことを想像してしまいます。

だから、いつでも自分の見える視野が決して正しくないと疑い続けてください。

自分の視点ではなく、顧客視点を論理的に証明、追及することがビジネスにおいて最重要です。

人間とは物事をドラマチック化してしまう

Q.世界で予防接種を受けられなていない子供たちは何%いるかわかりますか?

  • 20%
  • 50%
  • 80%

半分くらい、80%くらいだと思った方は多いのではないでしょうか。答えは、20%です。他の80%は、予防接種を受けれています。

これは、ハンス博士の研究による質問です。なんと正解率は10%でした。どんなに高学歴だろうが、学者だろうが、政治家だろうが10%しか正解しなかったのです。

なぜかというと、人間には物事をドラマチックに考えてしまう見る本能があるからです。私たちは、テレビで貧困地域のニュースを見ることにより、世界はこのようなものだということを脳に植え付けてしまいます。「子供が飢えで苦しんでいる、世界の現状はきっと酷い状況だ、予防接種を受けれていない子供多いだろう」というようにです。しかし、一旦データをもとに冷静に考えてみると80%の子供たちは予防接種を受けれているのです。

捨てなければいけない思考

このように、自分の思い込みは間違った情報を脳に植え付けてしまい非常に危険です。絶対に捨てなければいけない思考です。自分の考えを人の考えとマッチングさせ、論理的に証明していくことがビジネスを成功させる上で必要だからです。そのために次の2つの本能をなくさなければいけません。

分断思考とネガティブ思考です。

分断思考とは

人というのは、なぜか物事を2つに分けたがります。それが、分断思考です。例えば、金持ち・貧乏、先進国・途上国、幸せ・不幸など。実際には、金持ちと貧乏の二つに分けれるほど、この世界は単純ではありません。中間層がほとんどです。先進国と途上国も差がなくなってきています。

このように世界は2つに単純に分けることができません。そこには、黒か白ではなく、灰色だったり色々なグラデーションがあります。グラデーションの理解がビジネスでは必要不可欠です。

なぜ、2つに分けて考えていけないのでしょうか。

例えば、あなたが飲食店を作りたいと思い、立地が大事だと思ったとします。しかし、立地が大事だと考えたとき、なぜか2つに分けて考えるのが交通量が多いか少ないかです。交通量が多い=良い、交通量が少ない=悪いのようにです。

しかし、交通量が多いということにデメリットがないのか、交通量が少ないということにメリットはないのか、ここを考える人が少ないです。交通量が多いとデメリットは、家賃が高くなります。また来店数が多くなり、人がたくさん必要になるため、人件費が高くなります。一方で交通量が少ないとメリットは、家賃が安くなり、人件費も下げられます。また、デリバリー系に専念することにより、店舗に来てくれた方には、気持ちのいい気楽な接客ができます。

実際に、交通量の多いところのお店は、売上を結構上げても、経費も高くつくため倒産してしまうケースが多いです。しかし、交通量の少ないところのお店は、長くやっているところが多いです。売上は少ないかもしれませんが、その分経費も少ないからです。

ビジネスは、どんだけ売上げたかよりも、どれだけ残したかです。

だから一概に、交通量が多い=良い、交通量が少ない=悪いと2つに分断して考えてはいけないということです。もっと細分化して、グラデーションを考えてみるとチャンスが転がっています。これがビジネスにおいて重要です。

だから、分断思考を捨てなければいけないのです。

ネガティブ思考

ネガティブ思考も捨てなければいけません。ネガティブ思考とは、共感です。人間は色々なことに共感します。特にネガティブなことに物凄く共感します。

保育園落ちた死ね事件を覚えているでしょうか。何かというと、保育園に落ちてしまった子供のママが、Twitterで「保育園落ちた死ね」とつぶやき、それに同じママたちが共感し、バズッた事件です。一方で、「保育園入れた、よかった」というのはバズらないですよね。人というのは、ネガティブなことに非常に共感するのです。

感染症・子供死亡率・戦争死者数も徐々に減っているにも関わらず、メディアがネガティブに報道し、みなさんは騙されています。メディアというのは、ネガティブセンサーのコントロールで有名です。大衆は、ネガティブなものに共感・興味を起こすものなので、ネガティブに報道することにより、視聴率を稼いでいます。

メディアに騙されることなく、普段聞くもの、見るものを一旦疑ってください。そして、その下調べをし、ロジカルに考えることが必要です。そうすると事実がわかりデータにすることができます。データができれば、真実がわかります。

このように、メディアの裏付けというものがとても重要です。自分の感情や感覚を定量化して証明することが重要になります。感情に流されることなく、論理的に思考してみてください。

これを通じて、このようにサービスを設計していきます。感情に流されずに、サービスの設計をし、定量化しロジカルに組み立てていくと、どんなサービスでも上手くいくようになります。次回は、この部分について詳しく解説していきたいと思います。

まとめ

今回は、論理的思考スキルについて解説しました。どんなに良い100点のものを持っていても、論理的思考スキルが0点であれば、掛け算の法則で0点になってしまいます。この論理的思考スキルをつけるために、分断思考とネガティブ思考は絶対に捨て、日ごろから論理的に物事を考え、習慣化してください。次回は、論理的思考スキルを使ってサービス設計をしていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました