【大リストラ時代】知らないと危険!!日本の現状 今日本に何が起きているのか Week2

Business

今回は、これから起こるであろう日本の未来について理解し、なぜスキルを身につけなければいけないのか「Why」の部分をしっかり理解することが重要です。

【こんな人に向けて書いています】

  • 日本の未来に不安がある
  • これからどうやって生きていけば分からない人
  • 日本の未来に対して何も危機感を抱いていない人

【これを読むことでどうなるか】

  • いま日本で起きている、これから起こることが分かり、これからの行動が変わる
  • スキルをこれからつけるためのWHYの部分が分かる

【頼れるのは自分だけ】

「定年雇用努力」の義務化

定年雇用努力とは、

政府は15日、希望する高齢者が70歳まで働けるようにするための高年齢者雇用安定法改正案の骨格を発表した。企業の選択肢として7項目を挙げた。70歳まで定年を延長するだけでなく、他企業への再就職の実現や起業支援も促す。企業は努力義務として取り組まなければならなくなる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44828520V10C19A5MM8000/

というものです。これがどういった意味か分かりやすく言うと、「(国は老後の面倒みれないので)企業は70歳まで自分たちの従業員を雇ってください、面倒を見てください」ということです。70歳のおじいちゃん、おばあちゃんを皆さんが経営者だった場合、会社に置いておくでしょうか。逆に、自分が70歳のときに肩身が狭い思いをして会社に居続けるでしょうか。

老後3000万円貯めてください

国会で老後は自分で3000万円貯めてくれという発言があり大問題となりました。これがどういった意味なのかというと、「国は老後面倒を見れない、年金はない、もしくは貰えても生きていける金額ではない」と言っているのです。結婚・育児・車・介護・老後と人生のイベント事はたくさんあります。その中で、自分の老後に3000万円ためることができるでしょうか。

終身雇用は無理

経団連の会長、トヨタですら終身雇用は不可能だと言っています。大手に勤めて終身安定はおばあちゃん世代の考え方です。また、日系企業は外資企業の経営方針に変わってきています。つまり、スキルがないとクビになるということです。終身雇用の時代は終わったのです。この状況で、まだ国が企業が守ってくれると思いますか。頼れるのは、国でも企業でもなく自分だけです

【高齢化と外国人労働者】

高齢化

日本が今、少子高齢化だということはご存知だと思います。それが何を意味するかというと、昔は高齢者を3人で1人を支えていたので、支えることができていました。しかし、今は1人の老人を1人で支えている状態です。つまりざっくりいうと、給料30万円だった場合、そのうち15万円は老人にあげてくださいねといっているのです。また、3000万円は自分の老後のために貯めてくださいといっているのです。

外国人労働者

最近、どこでも外国人労働者を見るようになってきました。コンビニ、工場、さらに企業の戦略室にまで外国人労働者が入ってくるようになりました。外国人雇用により日本人の価値は確実に低くなっています。なぜなら、外国人は日本に出稼ぎに来ているので、自ら意欲的に働いてくれるのです。一方で、日本人は「ブラックだ、ワークライフバランスが」と扱いづらいのです。また、なぜ戦略室にまで外国人労働者が入っているか本当の意味がわかりますでしょうか。これも少子高齢化につながります。高齢者は、車・家などを買わず、買ってもスーパーのお惣菜であったり消費が少ない層です。日本の大多数を占める高齢者の消費が少ない=日本の消費が少ないということになります。そうすると、経営者は、東南アジアなど消費の多い国に目を向けます。そうすると、グローバル人材が必要になるのです。グローバル人材とは、英語が話せるということではなく、仕組み化できる人のことを言います。日本人に海外に行って仕組み化できる人はそういません。そういうわけで、外国人労働者が企業の戦略室にまで入っている理由です。

AIによる大量解雇

AIによる大量解雇は当たり前のようにやってきます。昔、機織り機が発明されて、大量解雇された時と同じです。また、株式会社に就職している人でも、株式を知っている人があまりに少ないです。株式会社というのは、社長の会社ではありません。株主の会社です。社長なら、従業員に家族や生活があることを知っているため、クビにできることならしないようにします。株主は違います。配当を高めるために効率のいいものにすぐ変えます。つまり、人からAIにです。メガバンクである、みずほ銀行も大量解雇を決めました。株主は、あなたをしりません、だから機械化したら不要となりすぐに切られるのです。

まとめ

今後、日本がどうなっていくかについて解説しました。国にも企業にも頼ってはいけません。頼れるのは自分だけということが分かっていただけたと思います。次回は、「自己変革準備」です。これから、どんなことをしていけばいいのか、最初の一歩目について解説しています。是非読んでみてください。

最後に

私は、MUPという社会人のための学校でこういったことについて学んでいます。もし、興味や質問があれば「お問い合わせフォーム」もしくは、インスタグラムのアカウント「@ryoji_98」まで気軽にご連絡ください。

うさぎさんクラスに興味が沸き、入られる際は、

ryoji0415

こちらを紹介IDに入れてくださると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました