スキル習得方法 間違ったスキルをつけていませんか?最短、最効率でスキルを習得する方法 Week6

Business

前回は、マインドセットについて解説しました。マインドセットには段階的に必要なマインドセットがあります。まだ読んでいない方は、こちらから読んでみてください。今回は、スキル習得方法について解説します。最短、再効率でスキルを習得できる方法です。

結論

「石の上に3年もいるな」

今のスキルというのは、3ヵ月もあれば大体のスキルは身につきます。

自分の領域以外も学ぶ

スキルをつけるといっても、自分自身の価値があがるスキルの付け方をしなければなりません。なぜなら、企業も人も価値のあるモノにお金を払うからです。今から価値の上がるスキルの付け方を解説していきます。

例 保育士

保育士は非常に人材不足にもかかわらず、給料が低い

なぜか

保育士という職業の価値が低い

日本には、保育免許を持っている人が、120万人います。100人に1人です。しかし、43万人しか働いていません。なぜかというと、給料が低いからです(価値が低い)。

一方で、インターナショナルスクールの保育園の先生は、平均月収50万円貰っています。年収600万円です。普通の保育士は18万円程しか貰えません。この50万円と18万円の差は何でしょうか。

保育士というと、保育のためのスキルを勉強してしまいます。美容師も飲食業も一緒です。なぜかその業界の勉強しかしません。これでは、自分の価値はなかなか上がりません。

自分の価値を上げるためには、100×100の法則です。

インターナショナルスクールの保育士は、中国語も英語もしゃべることが出来ます。英語と中国語を喋れる人を100人に1人だとします。保育士は、上記したように100人に1人です。そうすると、

100×100で10,000人に1人の存在になることができるのです。

優秀な人は、自分の領域以外も学ぶことによって、幅広いスキルを身に着け、自分の価値を上げています。

例 スティーブ・ジョブズ

エンジニアだが、ピクサーでデザインを学ぶ

自分は、○○だと定義付けるのではなく、○○かもしれないという風に考えるようにしてください。そして、自分の領域以外も学ぶようにしてください。100×100×100の存在になれば、1,000,000人に1人の人材です。

本を読んではいけない

本を読むのは、100%不効率です。しかし、本を聞くことは非常に重要です。

AmazonAudibleというサービスを使えば、1.75倍で本を読んでくれます。読むという行為は、読むことだけに時間を費やしてしまいます。しかし、聞くという行為に変えれば、歩きながら、ジムでトレーニングをしながらというように効率的にインプットをすることが出来ます。

また、ニュース記事も読まなければいけないと思いますが、1つ1つ記事を読んでいると1,2時間もかかってしまいます。しかし、記事1つ1つ見ないでも、NewsPicsのコメント覧をみれば、大体ニュースを理解することが出来ます。試してみてください。

このように、効率的にインプットすることが非常に重要です。

アウトプット

スキルの習得で、一番大事なのはアウトプットです。

大体の人は、本を読むだけで終わってしまいます。インプットするだけだから、何もスキルが付きません。インプットというのは、アウトプットするまでがインプットです。

人間は、覚えたことを次の日には約70%忘れます。しっかりアウトプットして記憶を定着させましょう。

今後、必ずインプットしたらアウトプットしてください。

アウトプットの仕方は、友達に話す、ブログに書く、SNSで発信するなど何でもいいです。

まとめ

スキルを効率よく付けるためには、自分の領域以外を学ばなければいけません。なぜなら、自分の領域だけ学び続けても、価値は上がらないからです。また、インプットするときは、効率よく行いましょう。そして、インプットしたものは必ずアウトプットしてください。人間は次の日に約70%忘れます。次回は、ビジネスで一番重要な「伝えるスキル」について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました