個人事業主のなり方 個人事業主とは何か メリット・デメリットをわかりやすく紹介

Business

あなたは、個人事業主に興味があり、個人事業主になろうか考えている方だと思います。今回は、個人事業主とは何か。会社員との違い、メリット、デメリットについて分かりやすく解説していきます。

個人事業主とは

個人で事業を行っている者を「個人事業主」といいます。会社員は、あなたもご存知の通り勤務先と雇用契約を結んでいる者です。個人事業主は、どのような形で事業を行っていても、それが法人でなければ個人事業主です。

それでは、フリーランスと個人事業主の違いは何でしょうか。それは、税務署に開業届を提出したかどうかです。フリーランスは、単発の仕事ごとに契約を結び、仕事をします。個人事業主は開業届を税務署に提出し、税務上の所得区分で法人を設立しずに個人で事業を営んでいる人のことです。法人は、売り上げを法人の所得として申請します。しかし、個人事業主は、個人の事業所得を申請します。

個人事業主になるために必要なこと

開業届を提出する

個人事業主になるためには、税務署に開業届を提出しなければいけません。原則として事業開始日から1ヶ月以内に税務署に提出します。しかし、この開業届を提出し忘れても罰則はありません。開業届は、国税庁のホームページからダウンロードするか、所轄の税務署で受け取れます。

開業できるかどうかに所得は関係ありません。また、開業届を提出することで青色申告を行うことができ、節税につながります。

【関連記事】個人事業主になることによってできる税金対策

青色申告承認申請書

開業届とともに、原則として開業日から2か月以内に、「青色申告承認申請書」を提出すると、確定申告で最大65万円の所得控除が受けられます。簡単な白色申告もありますが、特別控除が受けられません。また青色申告であれば、赤字を3年間繰り越すことができますが、白色申告はそれもできないので、青色申告をお勧めします。

その他の届け出

1.青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書

従業員として雇用した家族の給与を必要経費として所得から差し引くための届け出。

2.源泉所得税納期の特例の承認に関する申請書

従業員の給与から源泉徴収した所得税の納期を半年ごとに変更するための届け出。

3.給与支払事務所等の開設届出書

給与支払を行う事務所を開設した場合の届け出。

などです。難しそうに感じますが、開業freeを使えば簡単に作成できます。

メリット・デメリット

メリット

個人事業主のメリットは、働く場所や時間にとらわれずに、自分の好きなことを仕事にできる点が挙げられます。実力次第では、収入を大きく増やせることができます。また、税金対策もすることができます。屋号がある場合は、その名称で銀行口座を作ることができ、補助金や融資、助成金を受ける際の手続きができます。

また、個人事業主の開業に特に費用が発生しません。また、事業の追加変更、廃止は原則いつでもすることができます。

デメリット

同じ所得の場合、会社員と個人事業主の手取り額にそれほど違いはありません。しかし、支払う社会保険料と税金の割合が違うため、将来受け取る年金額に大きな差が出てしまいます。また法人の場合、赤字を9年間繰り越すことができますが、個人事業主の場合、3年しか繰り越せません。

まとめ

今回は、個人事業主とは何か、なるためにしなければいけないこと、メリット・デメリットについて解説しました。個人事業主になると、収入の柱が増え、自分の好きなことを仕事にできるため良い選択肢のひとつになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました